学資保険の特徴を簡単に理解する

子供への教育費を補う方法として学資保険があります。
毎月保険料を支払って積み立てることで将来の教育資金に備えます。
学資保険は貯蓄と補償どちらを重視するかで適したプランが変わります。
貯蓄は返礼率が高いものが多く、満期の時に多く保険が受け取れます。
銀行で預金するよりも高い利率が期待できます。
その分、ケガなどの保障は付いていなので別の保険で補うことになります。
契約者やケガや入院した時に給付金が出るのが保障型です。
保証が手厚い分、元本割れをするケースが多いですが万が一の時に役に立ちます。
貯蓄と保障の両方を兼ね備えているタイプもあります。
どちらが適しているかは子供の進学や経済状況を考慮して考えましょう。
受取に関しては、やはり大学をひかえている17~18歳あたりが標準となっています。
各保険会社でお祝い金の受け取り時期も異なりますが自分で設定することも可能です。
時期を先に延ばしたり、保険料の支払いを短期間で行うと返戻率が高くなります。