各家庭で適した学資保険は違います

学資保険は子供を持つ親が保険料を毎年積み立てて、進学時期に合わせて保険金を受け取る仕組みです。
医療保障もあり、契約者に万が一のことがあればその後の保険料が免除されます。
保険金の受取時期はプランによっても異なります。
小中高と受け取るタイプ、大学進学時に一括で受け取ることもできます。
貯蓄を重視する人と保障を重視する人によっても適したプランは違います。
少しでも多く教育資金を増やしたいなら貯蓄型です。
払う保険料に対して受け取る保険金や祝い金が高くなります。
返戻率が高い保険がこれにあたります。
返戻率が100パーセントを超えれば利息付きで戻ってくることになります。
ただし、高い返戻率でも何かしらの条件があるので事前に調べておきましょう。
保障を重視する場合は子供の病気やけがに備える医療保障・養育年金のタイプに分かれます。
どちらにすればいいのかは家族構成や経済状況によっても違います。
子供のために無理なく支払える範囲で学資保険を利用しましょう。