教育という言葉のもつ意味と学校での学びに関する話

教育とは学校で学ぶ勉強のことだけではなく、モラルや倫理、道徳も含めた言葉だったりします。
学校で学ぶいちばん大切なこととして、勉強を思い浮かべる方が多いですが、その認識は現代社会では古いものとなりつつあります。
学校で学ぶ勉強というのは基本的に暗記することがメインなので、反復して復習をしっかり行うことで良い成績をとることは誰でも可能です。
しかし、これを面倒な作業だと認識して勉強をやらない方は想像以上に多く存在します。
確かに面倒なのは事実で、大人になって社会生活を送る上で、学校で学んだ勉強が役立っているという実感を持っている大人の数もそんなに多くなかったりします。
だからといって学校で学ぶ勉強を軽視するのは良いことだとはいえませんが、それ以上に大切なことも学校ではたくさん学ぶことができるので、それを重視して日々過ごすことが大切でしょう。
つまり、学校では勉強以外にも人との付き合いを学んだり、人として大切な共感力を学んだりすることができるので、人としての総合力を上げたいなら、すべてを学びの機会だと認識したほうが人生が捗るでしょう。