大人になり苦労しないように育てる必要がある

教育熱心な家庭では子供をしっかり躾けるために様々なことを学ばせていますが、例えばスイミングスクールやそろばん教室に通わせることも躾のうちに入ると私は考えています。
躾の定義については人それぞれの考えによるのでそれは違うのではないかと考える人もいますが、物事を教わることにより様々なことを学べるので大人になって大変役に立ちます。
大人になり社会に出て役に立つことを教えることこそ親にとってはとても重要なことで、柔軟な発想力やコミュニケーション能力を身に付けることによって周りの人達と上手くやって行くことができるようになります。
もちろん語学力や数学の力を付けるのも大切なことで偏差値が良いのに越したことはないのですが、学力が人より数倍あっても社会に適応する力がないと生活するのはとても難しいです。
学者や小説家ならまだ良いのですがサラリーマンのように外で働くためには周りの人達と上手くやっていく必要があるので、そのためにも子供が小さいうちからしっかりと躾けをする必要があります。